学生ローンが発展した理由




学生ローンは1960年代後半、高田馬場で誕生し、今日まで40年の歴史を持つ学生専門キャッシングの庶民派金融です。
高田馬場で学生ローンが誕生するまでは、学生に対するキャッシングのサービスはタブー視されていました。この大きな要因は、収入の不安定な学生に対し、たとえ合意の上とはいえ、貸し付ける行為そのものがいかがなものかという批判があった為です。
こういった意見は現在でもありますが、インターネットの普及により、学生ローンの認知度が高まったことなどから、以前よりは多少理解が得られているようです。
少なくとも学生ローンを利用する学生さんたちの世代には受け入られています。
インターネットの普及と学生ローンへの理解度は一見関係なさそうですが、実はかなり深い関係があるのです。
インターネットがこの世に無い時代、人は調べものをする手段として、辞書や雑誌などの書物に頼るしか方法がありませんでした。
しかし30才以上の方ならおわかり頂けると思いますが、漢字や言葉の意味などを調べる場合は辞書で十分調べられますが、その他の雑学的要素は調べようにも調べる手段がありませんでした。
学生ローンのことを知りたくても、国語辞典に載っているわけがないので、学生ローンの概要を詳しく知ることができなかったのです。
情報が入ってきませんから、学生ローンを利用したくても気味が悪くて手が出しずらいという心理が働き、結局学生ローンに申し込みすることを断念してしまうわけです。

続きを読む

学生ローンMAX

(C) 2009 学生ローンMAX