学生ローンに申し込んでみよう(店頭)

どこの学生ローンで借りるかはもう決まったでしょうか?前のページでも解説しましたが、学生ローンをはじめて使う場合、右も左もわからないと思います。まず肝心なのが学生ローン選びです。全てはここから始まるのですから学生ローン比較Navi。のようなものを使って、慎重に学生ローンを選びましょう。



実際に申し込んでみよう
さて、どこの学生ローン会社から借りるか決まったら、次はいよいよ申し込みです。
ここからいよいよ本番ですので、気を引き締めていきましょう!!
申し込み方法を決める
借りる学生ローン業者が決まったら、次のステップは申し込み方法をどうするかです。
学生ローンは高田馬場が有名ですので、高田馬場近郊にお住まいの方は店頭申し込みをお奨めします。その理由は、手続きが簡単だからです。最短で15分ほどでキャッシングできると思います。店頭申し込みの場合は、学生証の他に免許証か保険証を持参して下さい。
提示する身分証によって利用限度額にも影響する場合がありますし、金利にも影響する場合があるので、できれば学生証・免許証・保険証の3点セットで持参した方が、より良い条件で借りられる可能性が高まります。

また、インターネットや電話申し込みよりも、店頭申し込みの方が利用限度額が優遇される傾向がありますので、大きな金額を借りたい場合は特に店頭での申し込みをお奨めします。
なぜ店頭の方が借りやすいかというと、目の前に本人がいるわけですから本人確認が容易である為です。免許証の顔写真などと照らし合わせて確認できますので。
「本人確認」という言葉が出てきましたので、ちょっと寄り道します。
学生ローンや消費者金融において本人確認はとても重要なことなのです。
学生ローン会社から見た場合、まず今申し込みにきているお客様は「本物」か「ニセモノ」かに気を使います。「ニセモノ」とは、学生証や免許証を偽造し、「成りすまし」で貸金業者からお金を騙し取る手口です。
「そんなことする人いるの?」「そんなことできるの?」と思う方もいると思いますが、実際にあるんです。特にインターネットの普及で、銀行口座に振り込みで融資する場合に多く発生します。
その理由は次のページの「インターネット・電話による申し込み」で詳しく解説しますが、身分証の偽造が容易な為です。
身分証の偽造は、ちょっとしたパソコンの画像編集技術がある人でしたら簡単にできてしまいます。
だから学生ローンでは店頭申し込みを優遇する傾向が強いわけです。
店頭申し込みとネット申し込みの違いについてご理解頂けましたか?
では次にインターネット・電話による申し込み方法を解説したいと思います。

サイト内関連記事

目的の学生ローンを探す
さて、ここまで学生ローンの歴史や学生ローンが繁栄した理由について説明してきました......
学生ローンにインターネットで申し込む方法
前回のページでは、学生ローンの店頭申し込み方法とそのメリットを説明しました。 学......

▲このページのトップへ