学生ローンの簡単概略

学生ローンはどんなものかと思う人も多いと思いますが、普通の消費者金融とほとんど同じです。異なる点は、普通の消費者金融は社会人を融資対象とし、学生は対象外ですが、学生ローンはコレと全く逆です。学生を融資対象とし、社会人は対象外としています。
学生ローンが大手、あるいは中堅の消費者ローンに対して、真っ向勝負では勝てるはずがありません。そこで考えたのが、「学生専門」というわけです。
大手・あるいは中堅の消費者金融と顧客層を分断し、真っ向勝負を避けたことが学生ローン繁栄の最大要因となっているのです。



これまで学生ローンの歴史と繁栄の理由を説明して参りましたが、いよいよ学生ローンの利用例を解説していきたいと思います。
学生ローンの貸し付け条件
学生ローンの貸し付け条件は以下の通りです。
1.貸し付け利率
概ね実質年率18%が主流、中には15%台の格安金利もある。
2.返済方式
元金自由返済方式、1ヶ月に一度、最低利息の入金が必須。利息以上であれば月々の返済額は自由に決められる。
3.返済方法
店頭返済・銀行振り込み・郵便書留のいずれか
4.支払日
毎月希望日を自由に設定。
5.延滞利息
毎月の支払日より、所定のサービス期間を超えた月のみ延滞利息となる。
2010年の新貸金業法完全施行前は26.28%、完全施工後は20%となる見通し。
6.申し込み方法
店頭貸し付け・銀行振り込みのいずれか
7.必要書類
学生証・免許証・保険証・パスポート・住民票・キャッシュカード・公共料金の領収書・請求書の中で、学生証は必須。その他1~2点(学生証+免許証等)

サイト内関連記事

学生ローンが発展した理由
学生ローンは1960年代後半、高田馬場で誕生し、今日まで40年の歴史を持つ学生専......

▲このページのトップへ