学生ローンにインターネットで申し込む方法

前回のページでは、学生ローンの店頭申し込み方法とそのメリットを説明しました。
学生ローンは確かに店頭申し込みの方が有利です。しかし、学生ローンは全国どこにでもあるわけではありませんので、地方在住の学生さんには店頭申し込みは無理な話です。
その場合、利用限度額の制限や必要書類が多くなるなど、多少の不便はありますが、どこからでも申し込みができる点が最大のメリットです。



●用意するもの
インターネットや電話による申し込みは、店頭と違って用意するものが若干増えます。
まずは用意するものを確認しましょう。
1.学生証
2.免許証・保険証・住民票のいずれか1点
3.キャッシュカード
4.公共料金の領収書・請求書
基本的に上記1と2は必ず必要になります。3と4は学生ローン会社によって異なります。

●身分証等をFAXかメールで送る
(ここでは既に学生ローン会社に対し、インターネットか電話で申し込みの手続きは完了しているものとします。)
次に用意した学生証などを学生ローン会社に送るわけですが、FAXかメール添付で送ることになります。今では携帯電話のカメラ機能も充実していますので、携帯で写真を撮って写メールで十分です。FAXが自宅にある場合は、やりやすい方で構いませんが、自宅にFAXがない場合はコンビニまで行かなくてはなりませんので、写メールの方が断然便利です。



●急ぎの方は注意
以上でインターネット・電話による振込みローンの手続きは完了ですが、急ぎの方は当日の午後2時位までには上記手続きを完了しなければなりません。これは銀行振り込みの都合上、金融機関の受付が午後3時までが当日扱いとなる為です。
特に急ぎでない場合は慌てて手続きする必要はありませんが、当日融資希望の方は早めに申し込みの手続きを済ませておきましょう。

サイト内関連記事

目的の学生ローンを探す
さて、ここまで学生ローンの歴史や学生ローンが繁栄した理由について説明してきました......
学生ローンに申し込んでみよう(店頭)
どこの学生ローンで借りるかはもう決まったでしょうか?前のページでも解説しましたが......

▲このページのトップへ